鉄フライパン 28cm スーパー鉄 ビタクラフト スーパーセール No.2003 最高の Vita Craft

鉄フライパン 28cm スーパー鉄 ビタクラフト Vita Craft No.2003 鉄フライパン

キッチン、日用品、文具 , キッチン、台所用品 , 調理器具,Craft,/cardinally1377179.html,鉄フライパン,28cm,スーパー鉄,7865円,Vita,zainahlicio.us,No.2003,鉄フライパン,ビタクラフト 7865円 鉄フライパン 28cm スーパー鉄 ビタクラフト Vita Craft No.2003 鉄フライパン キッチン、日用品、文具 キッチン、台所用品 調理器具 鉄フライパン 28cm スーパー鉄 ビタクラフト No.2003 最高の Vita Craft 鉄フライパン 28cm スーパー鉄 ビタクラフト No.2003 最高の Vita Craft キッチン、日用品、文具 , キッチン、台所用品 , 調理器具,Craft,/cardinally1377179.html,鉄フライパン,28cm,スーパー鉄,7865円,Vita,zainahlicio.us,No.2003,鉄フライパン,ビタクラフト 7865円 鉄フライパン 28cm スーパー鉄 ビタクラフト Vita Craft No.2003 鉄フライパン キッチン、日用品、文具 キッチン、台所用品 調理器具

7865円

鉄フライパン 28cm スーパー鉄 ビタクラフト Vita Craft No.2003 鉄フライパン

使い始める際の「焼き入れ」や、使用後の「油ひき」など、
従来の鉄フライパンに必須だった面倒なお手入れは全く必要ありません。

使えば使うほど表面に油がなじみ、こびりつきにくくなるので、
使った後はぬるま湯でさっと洗うだけで大丈夫です。
鉄フライパンが初めての方でも安心してご使用いただけます。


スーパー鉄シリーズの特徴であるフライパン表面の凹凸は、
油の吸収性を高め、焼き物はきれいな焼き色に、
炒め物はシャキッとした仕上がりになります。

ハンドルはビタクラフト プロシリーズで好評の
持ちやすくて熱くなりにくい片手ハンドルです。

また、ステンレス製で交換の必要もなく、
窒化加工で強靭になった本体とともに長くお使いいただけます。

本体の材料は鉄だけで、コーティングとは違い、性能が劣化したり剥がれることがなく、
金属製のキッチンツールやヘラの使用も可能です。

フライパン本体の成形から窒化加工、表面仕上、部品の取付け、
最終検品まで全て一貫して日本国内で行っています。
日本の優れた技術と徹底した品質管理で実現した「窒化4層加工」、
そして職人の技が冴える「へら絞り加工」。

まさにMade in Japan品質が生きるスーパー鉄シリーズです。





鉄フライパン 28cm スーパー鉄 ビタクラフト Vita Craft No.2003 鉄フライパン

見た目がスタイリッシュで、持ち手もとても持ちやすいです。鉄フライパンがずっと欲しくて他のメーカーのとも悩みましたが、色々なクチコミ等と比較してこちらのフライパンを購入。今までは26cmのフライパンを使用しており、今回28cmを購入しましたが、やはり少し大きいなと感じますが、家族が多いのでちょうどいいと思います。初めて調理したのが、オムライスだったのですが、トマトケチャップとご飯が鉄に焦げ付いてしまい剥がすのに一苦労でした。やはりテフロン加工のもとはちょっと使い勝手が違いますが、長く使っていきたいと思います。
コーティングをしていないフライパンが欲しかったので購入しました。 中華鍋はリバーライトの極シリーズを愛用しており、極シリーズのフライパンと迷いましたが、 柄の部分の高級感や、使用の度の油返しが必要ないとの説明でしたのでこちらを選びました。 使用してみても、しっかり油をなじませれば焦げ付きません。 たまに焦げ付くこともありますが、簡単に落とせます。 急冷しても大丈夫なので、コーティング製品と比べ、その点では扱いやすいです。
以前使用していたテフロン加工の炒め鍋がダメになり、毎回買い換えるのも面倒だし、あまり手入れの必要がない鉄フライパンなんて神!と思い、散々リバーライトと迷った後、こちらを購入に至りました。 炒め鍋が在庫なしだった為、フライパンにしてみました。 早速使用してみたところ、以前のものと変わらない重さで、心なし美味しくできるような。炒め物が楽しくなりました。ちょっと大きすぎでしたが、大は小を兼ねるってことで、良しとします(笑) 手入れは洗剤を使わないことと、温かいうちに洗うことくらいで、洗い物を並行してするようになったので、片付けも早くなりました。これから育てていくのが楽しみです!
テフロンコートのアルミのフライパンとは熱の伝わり方が違うので料理の仕方も変わります。 調理後もすぐにお湯で流してちょっとタワシで擦ったりしてまた乾かすので愛着が湧いてきます。 油を切らさないようにしているからなのか思っていたほど汚れは付かないです。 置き場があるならテフロンコートの物と使い分けるのが良いと思います。

PAGE TOP